PROFILE


RIO -vocalist / composer 

 

2008年12月 米・バークリー音楽大学ジャズ作編曲科を卒業、同大学よりアワードを受賞。ハスキー&ヒーリングな歌声と卓越した表現力、ジャズをベースとした多彩な世界観によるサウンドが魅力のボーカリスト。国内外の高い評価とともに、作詞・作曲・編曲まで手がけるマルチな才能も注目される。2012年アルバム『RIOPOP』リリース。

 

バークリー音楽大学時代

在学中より精力的に活動し、選抜メンバーによる2008 Berklee Gospel Choir RecitalにてAretha Franklin”Oh Mary Don’t You Weep”でリードボーカルを担当、約2000人の観客のスタンディングオベーションを受ける。またセルビア現代音楽の巨匠Vuk Kulenovicに見いだされ、実験的現代オーケストラ曲「Electric Symphony」のワールドプレミアにソロボーカリストとして抜擢されるなど高い評価を受ける。

 

卒業後、ニューヨークへ

ニューヨークにてアメリカ、イタリア、香港など各国のプロデューサーらとコラボレーション楽曲を制作。現地のミュージックシーンやさまざまなアートシーン、そこに暮らす人々からインスピレーションを受ける。

 

東京にて

2009年10月帰国、東京を拠点に活動中。2012年7月2日ファーストアルバム『RIOPOP』リリース。2013年1月TOKYO FM系高音質音楽専門ラジオ「ミュージックバード」にて同アルバムが60分にわたり特集される。2012年11月アメリカを拠点とする世界的人気グループ「Video Game Orchestra」の中国ツアーにソロボーカリストとして招聘され、上海・広州・徐州などで公演。また著名フラワーアーティストや篠笛奏者など各界のアーティストとのコラボレーションなど、活動の幅はさらに広がりを見せている。

 

国内でのライブ出演は大阪ブルーノート、モーションブルー横浜、東京JAZZ/Marunouchi Jazz Circuit、渋谷club asia、渋谷JZ Bratなど多数。レコーディング参加/歌詞提供:コナミ"Metal Gear Solid Portable Ops.”主題歌「Calling to the Night」、フロム・ソフトウェア"Ninja Blade"主題歌「Beanstalk」(歌:小柳ゆき)など。